エクセルで表を作る時間が1/7になる!

エクセルで表を作る時間が1/7になる!

エクセルが速くなる情報が満載!
超強力なエクセルの技、とっても役立つエクセルのリンク集
あとは、エクセルの本の紹介もしています。
はじめての方は、まずはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

データ整理スピード

エクセルで表を速く作るためには、エクセルの操作を覚えることは、もちろん大事なことです。でも、それだけではありません。表を作り始める前に、あなたの頭の中で、データをどれだけ整理できているかも非常に重要になってきます。

このサイトで紹介しているエクセルの操作をあなたが覚えたとしましょう。それだけでも、あなたの表作成スピードはかなり速くなります。ここで、さらにあなたの「データ整理スピード」が速くなると、どうなると思いますか?それこそ、驚異的に表作成が速くなります!


「データ整理スピード」が速くなると、エクセルの表作成が速くなることが実感できる例を紹介しましょう。

今、あなたの目の前に、2枚の紙があります。2枚とも、同じデータが書かれていますが、1枚は、ただデータが羅列されただけの紙です。もう一枚は、データがきれいに表の形にまとまっています。

さて、このデータをエクセルを使って表にまとめるとしたら、1枚目の紙と2枚目の紙のどちらを見たら速く作れると思いますか?


もちろん、あらかじめ表にまとまっているほうが、速いに決まっています。だって、出来上がっている表をただエクセルで入力するだけですからね。

ここに、エクセルで表を速く作るコツが潜んでいます。同じことを、あなたの頭の中でやってしまえばいいわけです。エクセルで表を作り始める前に、あなたの頭の中でどんな表を作るかを整理してから、作り始めればよいわけです。

いきなり、表を作り始めてはいけない!表を作る目的をはっきりさせて、出来上がりをイメージする。

これが、「データ整理スピード」をアップする第一ステップです。既に説明したように、出来上がりをどれだけはっきりとイメージできるかどうかで、表を作る速さが格段に違ってきます。

それでは「あなたも今日から、出来上がりをはっきりとイメージして表を作り始めましょう!」といわれても、なかなかできるものではないと思います。車の運転ができない人に、いきなり車の運転をしてください!と言っても、できるものではないですから。。

一口に車を運転するといっても、ハンドル操作の仕方、アクセルのふみ加減など、いろいろなことを身に付ける必要があります。出来上がりをはっきりとイメージすることも同じです。そこにいたるまでに、数々のノウハウやテクニックがあります。

ここでは、「出来上がりをはっきりとイメージする」ために、あなたに身に付けてもらいたいノウハウを、全て公開します。

(コンテンツ予定)
・ピラミッド構造→全体から、詳細へ
・グルーピング
・データの属性の洗い出し
・事実と推測・意見を分ける
・データの属性が増える可能性がある場合
・最初に考えたものが正解とは限らない
・エクセルでのテクニック

さて、このページを見たあなたの感想は!?

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO