エクセルで表を作る時間が1/7になる!

エクセルで表を作る時間が1/7になる!

エクセルが速くなる情報が満載!
超強力なエクセルの技、とっても役立つエクセルのリンク集
あとは、エクセルの本の紹介もしています。
はじめての方は、まずはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

エクセルのメニュー一覧

エクセルのメニューバー
ヘルプ

ツール

スペルチェック
現在開いているシートに入力されている文章に誤りがないかをチェックします。


オートコレクト
セルに文字を入力するときに、自動で修正を加えたり、よく入力する単語を登録することができます。


ブックの共有
何人かで同時に編集を行うことができます。データを一つのファイルを使って、何人かで管理する場合、この機能を使うと、仕事が非常にはかどります。


変更履歴の作成
誰がいつどんな変更をしたのかを履歴として保存することができます。この機能も、何人かでファイルを共有する場合に、威力を発揮します。


ブックの結合
「ブックの共有」に有効な機能です。要するに、誰がどこを変更したかをわかるようにしてくれます。


保護
他の人が変更できないようにします。変更できなくする範囲は、シート全体から一つのセルまで選択することができます。


オンライングループ作業
MicroSoft Netmeetingの機能を利用して、オンライン会議を開くことができます。詳細は、私も使ったことがないので分かりません。。


ゴールシーク
エクセルを使って、簡単な方程式を解くことができます。例えば、金利4%で、100円を預けたときに、120円になるには何年かかるか?といったことをすぐに計算できます。


シナリオ
同じデータ項目をもつ表をいくつも作る場合に有効です。例えば、A,B,Cという店があり、それぞれのお店でどの商品が何個売れて、どのくらいの売り上げが上がったかを管理したい場合、同じ表をA,B,Cの場合で3つ作らなければいけませんが、こんなときには、シナリオを使うと良いでしょう。(実際にシナリオの機能を使うことを考えると、同じ表がホントにたくさんある場合じゃないと、あまり効果的ではないと思います。。覚えるのも大変な機能だと思います)


ワークシート分析
かなり大きくなってしまった表の中から、自分の見たいデータを探す場合に使用します。例えば、関数を使って、いくつかのセルに入力されている値を計算して、結果を表示させている場合、表が大きいと画面からはみ出して見えないセルが出てきます。こんなときに、どのセルの値を使用しているのかを簡単に見つけることができます。検索の機能もありますが、それよりも高機能でしょう。


マクロ
エクセルのマクロの機能を使う場合に、使用します。マクロツールバーを表示させたりします。


アドイン
「アドイン」と呼ばれる、エクセルの追加機能を選択して起動します。このアドインは、自分で作成することもできるので、フリーソフトとして公開されているものもあります。


ユーザー設定
エクセルを自分の使いやすいように、再設定することができます。例えば、ショートカットキーを自分で加えることができます。ツールバーに表示される項目を自分の好きなように変更することができます。


オプション
ユーザー設定と同様に、エクセルの再設定を行います。それはもうたくさんあります。。また、何かトラブルがある場合は、ここのオプションを見直すと良いですよ。

エクセルのメニュー一覧

エクセルのメニューバー
ヘルプ

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO