エクセルで表を作る時間が1/7になる!

エクセルで表を作る時間が1/7になる!

エクセルが速くなる情報が満載!
超強力なエクセルの技、とっても役立つエクセルのリンク集
あとは、エクセルの本の紹介もしています。
はじめての方は、まずはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

ワンポイントレッスン

表を作るときの4つポイント

エクセルの機能は、○○%覚えれば十分

ワードようなワープロソフトのようにエクセルを使う

罫線や背景色などの見栄えにこだわった表を作ってはいけない

Ctrl + Dをの使い方を覚える

Ctrl + Wの使い方をを覚える

ウィンドウ枠の固定とウィンドウの分割の使い方を覚える

セルの結合の賢い使い方

セルに値を入力しても、####と表示される!?

種類の少ないセルの背景色の数を増やす方法

マニュアルの作り方

Ctrlボタンをマウスで、選択範囲をコピーする方法

エクセル最速理論

エクセルの操作
・キータッチスピード
データ整理スピード

わたしがこれまで培ってきた、エクセルで表を速く作るノウハウを、全て公開します。

エクセルで表を速く作るためには、エクセルの操作を覚えるだけでは足りません。
エクセルの操作を覚えることは、もちろん大事なことです。ですが、それが全てではありません。全体の一部にすぎないんです。
エクセルの操作を覚えるだけでエクセルが上達するなら、あなたがすべきことは、ただ一つ!ひたすらエクセルの操作を覚えるだけです!

ですが、エクセルの操作ばかりあなたの脳みそに蓄積したって、やはり限界があります。なぜなら、エクセルの操作の種類は無限にあるわけはありませんし、エクセルの機能が、全て役に立つものとは言い切れませんからね。

結果として、エクセルで表を速く作れる人は、いろんな機能を知っています。
だからといってエクセルの機能をたくさん覚えると、エクセルが速くなる!というわけじゃないんです。
エクセルの操作を覚える以外にも、大事な要素が二つあるんです。

では、他に何が必要なのか、エクセルで表を速く作れる人はなぜ速いのか、わかりますか??
(それを知りたいから、このサイトを見ているわけですよね^^;)


結論から言いましょう。
要は、それを使うあなたの準備ができていなければいけません。

わたしがこのサイトで紹介している7つの操作だって、あなたの準備が整えば整うほど、その真価は発揮されます。
ただの機能紹介のつもりで7つの操作を紹介していたわけじゃないんですよ!汗)


何の準備もできていなければ、ただのエクセルの操作の一つで終わってしまうところでしょう。まさに豚に真珠、猫に小判のことわざどおりになってしまいます。。ですが!わたしがこれから紹介することを実践すれば、あなたがエクセルで表を作る速さは、それこそ今の2倍、3倍と速くなっていきます。

このサイトのタイトルは、「エクセルで表を作る時間が1/7になる」です。別にあなたの目を引こうと思って、このタイトルを考えたわけじゃありません。文字通り、あなたがエクセルで表を作る速さを7倍にすることが目的です。これから、じっくりとあなたの準備を整えていきましょう!

ここから先の内容は、これまでのエクセルの操作の紹介と違い、もっとディープな世界です。ディープといっても難しいものではないので、安心をしてください^^;
ただ、あなたに理解してほしいことは、エクセルで表を速く作るためには、エクセルの操作を覚えるだけじゃなくて、あなたの準備も大切だということです。

それでは、いよいよ本題です!
エクセルで表を作る速さを驚異的にスピードアップするために、わたしがあなたに伝えることは、次の3つになります。

・エクセルの操作
・キータッチスピード
・データ整理スピード

これまでわたしは、「あなたの準備が…、準備が整えば…」と書いてきました。つまりあなたが準備すべきなのは、「キータッチスピード」と「データ整理スピード」の2要素になります。

3つの要素のどれが欠けてもいけません。エクセルで表を作る速さは、この3つが大きく関係しているので、3つとも大事な要素です。
エクセルの操作を覚えることも、3つの要素のうちの一つに過ぎないんです。

「エクセルの操作」をどれだけたくさん覚えても、「キータッチスピード」があまりにも遅いと、せっかく覚えた操作を使っても、ほとんど速さはあがらないでしょう。かといって、「キータッチスピード」だけ速くしても、「データ整理スピード」が遅ければ、やはり表を作る速さには、あまり効果はありません。

この辺をまとめると、あることに気がつくと思います。エクセルの速さがアップすることと、この3つには、ある関係があります。

 エクセルのスピードアップ =  
         エクセルの操作 X キータッチスピード X データ整理スピード

 つまり、3項目の掛け算が、エクセルのスピードアップにつながっているんです!これで、エクセルの操作を覚えるだけは、必ずしもスピードアップはできないことがわかると思います。

 エクセルの操作だけを覚えても、あなたの「キータッチスピード」と「データ整理スピード」が0ではなければ、表を作る速さは確実にあがります。(掛け算の関係にありますからね)。しかし、あなたの「キータッチスピード」と「データ整理スピード」があがれば、表作成の速さはもっともっと速くなるんです!

 エクセルで、表を作る速さをアップする3つの要素のうち、「エクセルの操作」については、既に紹介してます。残りの二つの要素、「キータッチスピード」と「データ整理スピード」ですが、わたしがあなたに伝えるものは「データ整理スピード」に絞ります。

 ただ、まったく「キータッチスピード」について紹介しないというのも、言いっぱなしみたいになるので、キータッチスピードをアップするのに、わたしがおすすめするツールや練習方法などを紹介します。

 「データ整理スピード」については、体系的にまとめられたものが存在しています。それは、経営コンサルタントの中ではほぼ常識的に使用されているものではありますが、難しいものではありません。

 物事を整理して考えるときに、非常に有効なものですので、あなたにもぜひ身に付けてもらいたいスキルです。

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO