エクセルで表を作る時間が1/7になる!

エクセルで表を作る時間が1/7になる!

エクセルが速くなる情報が満載!
超強力なエクセルの技、とっても役立つエクセルのリンク集
あとは、エクセルの本の紹介もしています。
はじめての方は、まずはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

キーボード操作で表の範囲だけを一気に選択する

「Ctrl」 + 「Shift」 + 「*」
→全体を選択したい表の中で、 3つのボタンを同時に押します


一画面におさまらない大きさの表だと、表の全範囲を選択するだけでも、面倒な作業です。ものすごく行き過ぎてしまって、戻るのにまた時間がかかってしまったりして、もううんざりしちゃいますよね。。

エクセルには、表の範囲を自動で検知して、一発で表の全範囲を選択してくれる機能があります。表全体を太枠で囲むときや、表の中のフォントサイズを変更したい場合などは、かなり便利です!


ただ、いびつな形をしている表だと、正確に全範囲を選択できるわけではないので、注意が必要です。基本的に四角形の形をしていれば、ちゃんと選択できます。

エクセルが表の範囲をどのように判断しているかは分かりませんが、おそらく罫線が引いてある範囲を一つの表として、認識しているのではないかと思っています。


そうそう、ボタンの押し方もついでに覚えてくださいね。エクセルで3つのボタンを同時に押すことなんて、めったにないですからね。。

まず左下にある「Ctrl」と「Shift」ボタンをそれぞれ、左手の小指と薬指で押します。次に、「*」ボタンを押しましょう。

おそらくこの方法が、無理なくボタンを押さえられる一番やりやすいと思います。

この機能もあなたには効果的です

シート全体をワンクリックで選択する

飛び飛びに離れたセルを同時に選択する

Ctrl+Home、Homeの使い方を身に付ける

この操作は、次のカテゴリに分類されています。

表作成がぐんと速くなる操作
ショートカット
上級者向け

こ、こんなエクセルの本があるなんて!

あなた、知っていましたか??

今すぐ役立つ、裏技・ノウハウならこれ!
一家に一冊!あると便利なエクセル辞典
テクニック集
さっと取り出せるポケットサイズ

[ 独自特集!] インターネットはどこまで無料か!? オススメ

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO